前へ

双子池山行ブログ【10月7日~8日(1泊2日)】おすすめ寝袋

次へ

いつもナンガオンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。

皆様、秋登山は楽しんでいますか?この季節のテント泊、寝袋選びに迷ってしまいませんか?

10月7日~8日にかけて1泊2日で北八ヶ岳に登って来ました。

今回は、この山行で使用した寝袋とオススメの寝袋、オススメのウェアをご紹介いたします。

長野県と山梨県にまたがり、南北約25㎞、東西約15㎞にわたり峰を連ねる八ヶ岳。主峰赤岳をはじめ、多くの山々を楽しむことができます。

夏沢峠を中心に南側を「南八ヶ岳」北側を「北八ヶ岳」とし、「南八ツ・北八ツ」の愛称で親しまれています。

南八ヶ岳は赤岳や硫黄岳、阿弥陀岳などの荒々しい岩峰が連なり、男性的な山容です。

一方、北八ヶ岳は幻想的な苔の森が広がる原生林や、静かで神秘的な山上湖沼が点在し、穏やかな山並みが広がっています。赤岳とともに多くの登山者が訪れる天狗岳や、山頂が2峰に分かれている北横岳などがあります。

今回テント泊をしたのは、蓼科山と北横岳の間、双子池のほとりにある山荘「双子池山荘」のテントサイトです。

このテントサイトは双子池山荘から少し離れた雌池の湖畔にあり、静かでのんびりとした時間を過ごすことができます。

今回のコース

1日目(10月7日) ☀

 北八ヶ岳ロープウェイ→北横岳→亀甲池→双子池(テント泊)
2日目(10月8日) ☁→☂
双子池→雨池→雨池峠→北八ヶ岳ロープウェイ
気温

手元の温度計だと

日中:約12℃~13℃  夕方:約5℃前後  夜中:約0℃ 

でした。

今回使用した寝袋

AURORA LIGHT 350 DX / オーロラライト350DX

快適温度 5℃/下限温度 0℃  サイズ:レギュラー ダウン量:350g

気温に対してギリギリの使用温度帯の寝袋を選び、使用してみました。(使用したのは 女・身長:155㎝)

使用快適温度 5℃ 下限温度 0℃
夕方の気温 5℃ 夜中の気温 0℃

今回のように、気温に対して 使用快適温度/下限温度 がギリギリの寝袋を使う場合は「しっかり防寒をしなければ寝れない」と感じました。

寝る時のレイヤリングは

トップス  メリノウールベースレイヤー(長袖)・山シャツ(長袖)・ダウンウェア
ボトムス ドライインナー・中厚手のトレッキングパンツ

これでも体と寝袋の間に隙間があり、防寒対策が足りず、寒さを感じました。

行動中に使用していたフリースジャケットや、寒さに備えて持って行っていた防寒グッズを寝袋の中に詰め込みましたが、それだけでは冷え切った身体を暖めるには不十分でした。

沸かしたお湯をナルゲンボトルに入れ、布で包み、湯たんぽとして使用し、眠りにつくことができました。(※湯たんぽを使用する際は、低温やけどに注意してください。)

寝袋を選ぶ際は

・1~2スペック上の寝袋

・身長に合ったサイズの寝袋

を選ぶことをおススメします。

例えば、今回の山行で選ぶとしたら1スペック上の

AURORA LIGHT 450 DX / オーロラライト450DX

快適使用温度0℃/下限温度-5℃ ダウン量:450g
寒いのが心配という方は

AURORA LIGHT 600 DX / オーロラライト600DX

 

快適使用温度-4℃/下限温度-11℃ ダウン量:600g

気温が低く、結露でテント内が濡れてしまう季節は、防水の生地を使用したAURORA LIGHTシリーズがオススメです。

防水の生地を使用しているため、スリーピングバッグカバーが無くても安心して使用でき、荷物を減らせます。

今回のように、気温に対して快適使用温度/下限温度がギリギリの寝袋を持っていかなければならない時には、防寒着をしっかりと持っていくことをお勧めします。

MOUNTAIN LODGE DOWN JACKET / マウンテンロッジダウンジャケット(ウィメンズ)

MOUNTAIN LODGE DOWN JACKET / マウンテンロッジダウンジャケット(メンズ)

フードで耳や顔周りも暖めたい方は

MOUNTAIN LODGE DOWN HOODIE JACKET/マウンテンロッジダウンフーディージャケット

MOUNTAIN LODGEシリーズのジャケットはポケッタブルになるのでコンパクトに持ち運びができます。
ダウンジャケットだけでなく、ダウンパンツもお忘れなく。

MOUNTAIN LODGE DOWN PANTS / マウンテンロッジダウンパンツ(ウィメンズ)

MOUNTAIN LODGE DOWN PANTS / マウンテンロッジダウンパンツ(メンズ)

ナンガのMOUNTAIN LODGEシリーズで寒い季節の登山を快適に過ごしてください。

街はまだまだ暖かい日が続きますが、山では季節が進んでいます。

 

・気温は標高1000メートル高くなると6度低くなる (標高100メートル高くなると気温が0.6度低くなる)

・体感温度は風速1メートル吹くと1℃下がる

と言われています。これを覚えておくと登る山の気温や気候をイメージしやすくなり、持ち物を決めやすくなると思います。

例年では氷点下にもなる時期です。急に冷え込み、いつ雪が降ってもおかしくないです。

 この季節の寝袋やウェア選びは、余裕を持たせて準備しておくと安心です。

秋・冬ならではの山行を快適に過ごし、良い思い出を作ってください。

スリーピングバッグの収納・保管方法はこちら
スリーピングバッグを選ぶ時のポイントはこちら

ブログ

BLOG

夏の北アルプス標高別オススメ寝袋

夏の北アルプス標高別オススメ寝袋

いつもNANGA ONLINE SHOPをご利用いただき誠にありがとうございます。 夏の北アルプスでテント泊を快適に楽しむためには、山の魅力や特徴を理解し、適切な寝袋を選ぶことが重要です。今回は、北アルプスの標高別人気第1位の山と、それぞれの山にオススメのスリーピングバッグ(AURORA LI...
夏山テント泊人気トップ3にオススメの寝袋(7月版)

夏山テント泊人気トップ3にオススメの寝袋(7月版)

いつもナンガオンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。 7月に入り、富士山も山開きを終えいよいよ登山シーズンが始まります。日本の山々は、豊かな自然と絶景を楽しむために、多くの登山者で賑わいます。 今回は夏山登山で人気の「北岳(南アルプス)」「槍ヶ岳(北アルプス)」「白馬岳(北...
夏の富士登山でにオススメアイテム

夏の富士登山でにオススメアイテム

いつもナンガオンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。 皆様、今年の夏は山に登る計画はしていますか?「富士登山に挑戦する!」という方もいるのではないでしょうか?富士山は、夏でも気温の変化が激しく、天候も変わりやすいため、しっかりとした準備が必要です。今回は、夏の富士登山に必要...
スリーピングバッグ「MINIMARHYTHM」とは?

スリーピングバッグ「MINIMARHYTHM」とは?

いつもナンガオンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。 テント泊を伴う登山の際に、「もっと荷物を軽くしたい」と思ったことはないですか?今回は、そんな悩みを解決する寝袋「MINIMARHYTHMシリーズ」について解説いたします。 MINIMARHYTHMとは?縦走登山やソロ...

Signup now

Get the newsletter